スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校主催のセミナーに参加しました

あっという間に5月中旬。
地震を期(?)に、突然いろんなことが起こりすぎて、知らないうちに春が終わってたかんじです。

アノのことも色々あって、書きたいことがたくさんなのですが、どれを書こうか・・・。

4月の半ばに3日間、ラッキーな経緯から、アノの学校が行ったDiscrete Trial Training (DTT)というセミナーに参加することになりました。セミナーのうち後ろ2日間は、実際の自閉症児または自閉傾向のある子供を「使って」の実践練習なのですが、その子供の一人にアノが選ばれたのです。全部で5人、アノの学校から子供が駆り出されましたが、子供を人質(笑)に差し出す代わりに親が無料でセミナーに参加できるという、win winの企画なのでした。日本円にして4万円弱のセミナーなので、かなり得した感じ。

DTTという名前にはなっていますが、ABAの初歩という感じの内容でした。要は、

instruction ---------- response ---------- feedback
        (prompt)

の、応用やケースバイケースの対応の練習、様々なプロンプトの出し方やタイミング等。

ただ、本などで読んで分かったつもりになっていた事も、実際に自分でやってみると目からウロコの部分がたくさんありました。

まず一番に忘れてしまうのが、feedback。

子供のリアクションがなかった時、または、responseが正しくなかった時にfeedbackを忘れてinstuctionにもどってしまうことが、ままありました。

「これは何?」(instruction)
「・・・(無言)・・・」(response)
「これは何かな?」(instruction)

ってな具合です。これは

「これは何?」(instruction)
「・・・(無言)・・・」(response)
「答えてないよ。」(feedback)

で、一息おいて再度、

「これは何かな?」(instruction)

が、DTT的には正解です。

個人的には、この一点(responseがなかったときに、feedbackを忘れない)を学んだだけでも、このセミナーの価値が大有りでした!!! セミナー後、あらゆる場面で応用していますが手応えはなかなかです。

さて、人質のアノさんですが・・・。一日目は私のグループではないグループだったので、借りてきた猫状態で、かなり真面目にやっていたそうです。

が。

2日目は幸か不幸か私のグループ。

私がセラピスト役としてアノの前に座った途端、あっという間の大爆発で、その日は一日全く練習になりませんでした・・・。

私たちのグループの担当インストラクターが、アノの学校の校長先生だったこと、そして、私のグループは子供を人質に出しているお母さんたちのグループだったということがあり、練習できないことも気にせず、私に同情までしてくれて・・・ううう。皆、ごめんね。結局、先生と、各家庭で困っていることなどの質疑応答になってしまいました。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

授業見学

アノの学校は月に2回、授業参観して良いことになっています。先々週、パパと一緒にアノの様子を見に行ってきました。

もう、何度か見学しているので私達が教室に入ってもパニックになったりというような事はなく、何となくニコニコ(にやにや?)して時々こっちを見るくらいで、普通に授業を受けていました。すごいねえ、成長したよ。前の学校の時は、私が教室にいたら授業にならなかったもんね。

私達が参観したのは、Indivisual Studies (個別授業)でした。私達がついた時、アノは次の体育の授業に備えて「とっとと着替える(笑)」という課題をこなす為に、教室から別の部屋に着替えに行くところでした。 私達も一緒に移動して着替え室のはじの方で見学です。なんとなく見学は邪魔かな、と思ってしまうのですが、逆に「どんな状況でも自分のやっている事・やらなくては行けない事に集中する」という練習になるということを聞いて、見学を続けます。

まず、先生がアノに体操着一式を示し、「これから着替えるけど、速く、それとも遅く?」と質問します。そこでアノ、

「遅く。」

・・・ぶ。

何度か言い直しをさせられた後、着替え開始です。

靴を脱ぎ、スカートを脱ぎ、シャツのボタンを全部外します。その間、どんどん褒め言葉がかけられえます。私のところからは良く見えなかったのですが、好子のニコニコマークがボードに与えられているようです。

その後、ポロシャツを着る前にスウェット着ようとしています。ここで訂正かな?と思って見ていましたが、そのまま続けさせています。アノは集中力が切れかかっていて、ボーッとしながら、ゆ?っくりスウェットを着ます。そしてそのまま近くのソファーへドスンと座り足をブラブラ。

「アノ。速く着替えるんだよね。速く。足をブラブラさせるのはダメ。もう一度やりなおしだね。おぼえてる?速く。」

え。やり直しって?どこから?

「速く。」(先生)

「速く。」(アノ)

で、見ていると、スウェット脱ぎ、シャツを着てボタンをもう一度全部かけ、スカートと靴をはいていました。それも黙々と。

うそ。別人?家では毎朝、パジャマから制服に着替えるのに、私にどやされながら20分くらいかかってやっとなのに。それに、家でやり直しなんて絶対やらないよ。

制服を着終わったところで、もう一度。

「速く。OK?」

「速く。」

で、再スタート。 今度は最後まで「速く」着替えられました。 「よく、できたね。すごい。」と褒められ、ニコニコマークがもらえたようです。

素直に黙って着替えてるアノにも驚きでしたが、やり直しという指示に黙って従ったアノ目の当たりにして、なんか、マジックショー?って感じでした。すごいよABA。 あ、そういえばこの学校に入って「最初に取り組みます」と言われた指を口に入れる例の癖はすっかり消えました。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


疲れたよ?

やってくれました。久しぶりの「大々」爆発。

バスに乗ると最近は何故か「座らない!」と目を直角三角形にして宣言します。いいよ。別に、座ってくれって頼んでないよ。そして終点ギリギリになると「座るから!」と、プリプリして腰を下ろします。必ず終点ギリギリです。降りなくてはいけなくてイライラする私を見越してのことなのです。

いつもは無視したフリをしながら一応私の隣の席を確保しておくのですが、今朝は混んできた事もありアノも後ろの方の席に勝手に座っていたので、確保していた席を乗ってきたおばさんに空けました。ま、出てくるかなとは思ったけどね、その時点で。

・・・やっぱり出てきました。私の隣に座るんだって事を、訳わかんない言葉でわめいています。しかも口には飲み込んでないグチャグチャのパン入ってるし。驚いたおばさんはサッと立って行ってしまいました(苦笑)。

もう今朝は、そこでお互いにゲームオーバー。髪を引っぱり耳を引っかきしながら叫ぶアノには、私も怒りしか湧いてきませんでした。 髪、全部抜いちゃえば?ママの服に血がつくから触んないでよ!今日は学校、行かないよ!どうせ一人じゃどこも行けないんでしょ!もう、あんたに付き合うのはたくさん!・・・泣き叫んでいるアノを相手に、そんな罵り言葉を吐き続けていました。アメリカだったら警察沙汰かも。

1時間以上(!)も公の場でそんなことを続け、やっとUターンのバスにアノを押し込み家にたどり着きました。

ちなみに皆さんのお宅では体罰有りですか? うちはお尻ペンペンです。幼児保護協会に何と言われようと「度を過ぎない体罰」はやっぱり効きます。本人がハッと目も覚めることも多いです。

アノが現在の学校に入った時、創始者(アメリカ人)のセミナーに行きましたが、ABAでも昔は体罰を「利用」していたそうです。今では、お菓子と並んで全く「利用」しない方針だそうですが、体罰の効果はきちんとあったそうです。「利用」しなくなったのは「時代の流れ」ということでした。Child Abuseにはうるさいアメリカですから・・・。

ということでアノを家に担ぎこんだ後(本当に担ぎました)、お尻ペンペンです。ここで、やっと静かになり自傷行為もおさまりました。

新聞の件が解決したのに今度はバスにのるのが憂鬱だ・・・という話を主人にしたところ、「ABA等でひとつひとつ解決しても必ず次が出てくる。これはアノとあなたの問題だ。アノがどうして必ず「ママ」だけを挑発して来るのか。アノがなにかを感じ取ってるのかもしれない。」等々言い、私がカウンセリングを受けた方が良い、という事を言い出しました。

そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない(=私に何かアノを挑発する因子があるかもしれないし、そんなものはないかもしれない)。でも「普通」のカウンセラーに何が分かるんだ!今までだっていつも発達小児科医の話はほとんど役に立たなかった。アノの学校の先生や、実際に療育に当たってる現場の人の話を聞くのはやぶさかではないけど、発達障害について本で学んだ人に何のアドバイス求めるっていうのさ!!!

と私が意気込み始めると、「そうじゃなくて、アノがどんな子供だったとしても親としての心構えというか、とにかく自分の為に、自分の人生の為に、カウンセラーに会ってみてもいいんじゃないか」ってことを説明されちゃいました。

別に会ってみたっていいけど、実際の大変さが分からない人にどんなアドバイスができるんでしょうね・・・と、あくまでも否定的な私です。

なんだか何について書いてるんだかわからなくなってしまいました(汗)。ネガティブな内容ですいません。

アノは時々「悪魔」になりますが、私を「悪魔」にもします。子供は親を選んで生まれて来るっていいますが、なんでこんな悟れていない 私を選んだんでしょうか、アノは・・・。明後日は、学校のお母さん達とのランチなので、愚痴ってこようっと!

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



やめさせたい行動には焦点をあてない

アノは毎朝学校に行く途中、道で配られているフリーペーパーを受け取っていきます。ま、読めはしないんだけど。 で、私以外の人がアノを送って行く時は、全く問題なくフリーペーパーおじさんからフリーペーパーを受け取っている(らしい)のですが、私といっしょのときは必ず一悶着あります。

「新聞いる」「新聞いらない」の無限ループ呪文を唱え出し、おじさんの横を何故かプリプリしながら素通りし、しばらく歩いてから「新聞?!!!」と叫びだし・・・。そんなこんなで私にとっては、いつもブルーになる道でした。

そしてとうとう昨日、待ってましたの大爆発。「いる」「いらない」をしばらく繰り返した後、おじさんから新聞をひったくり、タクシー待ちをしている私の近くまできて、「新聞もらった!」と威嚇の雄叫びを始め・・・。私が無視していたら、泣きわめきながら耳引っかき攻撃を始め出血(ため息)。後ろにならんでいるおばさんに「血が出てるわよ」と指摘され、「分かってます!」といき込んでしまいました。うう、すいません・・・。でも頼むから、うちのことは、ほっといてくれよぉ。

タクシーにアノを放り込んでからも、アノは自分の髪を引っ張るという新しい技を公開。なによ、それ。右手はむしった髪、左手は耳からの血でホラームービーですか。学校につくまでジタバタしながら叫びまくり、私はそんなアノを叱りつけたり無視したり・・・。朝から一日分のエネルギーを使い果たしました。

家に戻ってからもボーッとしていて、本当にどうしたらいいんだろう・・・と途方にくれることしばし。そして以前学校から買った、とても厚いABAについての本を開いてみました。 癇癪についての章をバラバラと読んでいて、「やるべきではないことにフォーカスするのではなく、やることを具体的に示す」というところで、これか?と半信半疑ながらちょっとだけ光が見えた気がしました。

今朝、朝ご飯を食べているアノに「今日は新聞の所で怒んないよね」と言い(これは本当は言うべきではないのか???)、「「hands down」(アノは、おじさんを見ると気持ちがいっぱいになって耳に指を入れるので)、それから「good morning」で新聞もらって「thank you!」だよ。」と言って練習。

「Hands down」
「Good morning」
「Thank you」

とやることを示し(?)本人もその気になった様子です。

でもアノのことなので実践では何が起こるか分かりません。

いざ、出陣。おじさんが見えてきました。「新聞もらわない。ねえ、聞いてる?」と軽くジャブを仕掛けてきます。「もらうよ!どうせ、あとで騒ぐんだから!」とムッとする私。ああ、もうここで感情あらわにしちゃったよ。失敗。

そして、おじさんが10mの距離に近付くと耳ふさぎをしました。出たぞ!

「あの、Hands down」

ハッとしてアノが手を下ろします。やった!

「Good morningだよね。」

と言い、おじさんの近くまで一緒に行って私も大きな声で

「Good morning!」

と言います。そして間髪いれずに 「(新聞)もらって」 と新聞を受け取らせ、

「はい、Thank you!」

・・・やった。峠を越したぞ(多分)。

しばらく歩いてから「おじさん、小っさい新聞!」と、私には意味不明な事をうめき出し目が三角になりかけましたが、そのまま癇癪には至らず無事タクシー乗り場まで行き着きました。 一応成功・・・。明日もうまく行くかどうか分からないけど、とりあえず良かった!

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



アノの将来

今日、アノ左の前歯が抜けました。そういうお年頃なんですねえ。確実に大人向かって成長を続けています。チャとお風呂に入っているのを見ると、体の成長にも改めて気付かされます。

年の割には、とても小さいので、いつも幼稚園や学校では幼く見え、まだまだ小さいし・・・って良く思ってたんですけど、もう7歳半。この前3歳だったのに。

もちろん精神的にも成長してるんですけど、実際の歳がどんどん先に進んでいってしまうので、遅れが年々目立ってきてる気がします。

あと10年くらいで、どんな形であれ自立のメドをたてたいと思っています。はぁ?。どうなってるんでしょうねぇ、その頃。普通にいったら私とパパはアノより先に死ぬことになってるんで、私達無しでもやっていける段取りをつけないと、ね。

これからの10年が長いんだか短いんだか・・・。まあ、10年たったら家を出てもらうとか、そういうことじゃないけれど、一生、療育・ABAやってるわけにはいかないからね。億万長者でもない限り。

チャにアノを頼むつもりもありません。彼女には彼女の人生があるんだし。もちろん、姉妹として色々助けてあげられる所は助けて欲しいけれど、生涯面倒を見てくれ、とかそういうことは絶対に言いたくないと思ってます。

うちはパパと私の国籍が違い、パパの国でも私の国でもない国に住んでいます。今までは、なるべく日本語主体で育ててきましたが(「いつか発達が追いついたら、パパの国の言葉や今住んでいる所の言葉、そして英語をやらせればいいや」と思ってた、現実を全然把握してなかった私・・・)、将来のことを考え今の小学校(=英語)に転校しました。

まあ日本語でABAってのは、ここではどっちみち無理だったし。病院や、色々なセラピー、発達検査等で、いつも私の通訳付きっていうのも効果や結果が正しく出ないんではないか、っていうこともあり。STは言葉のせいで受けたこともありません。

そんなこんなで、日本に住んで日本の保護を受けて生活して行くのでない限り、「日本語しか話せない」というのはアノの場合ハンデにしかならない訳で、英語にスイッチしたのは正解だと思います。でも今現在、将来の私達の住む国を予測するのは不可能で、てことは、アノの将来の居場所を考えるのも今の所、とてもむずかしいです。

歯っ欠けの間抜けな笑顔に笑わせられながら、ちょっとブルーになってました。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
プロフィール

ゆ~こ

Author:ゆ~こ

おすすめ書籍

ママのおなかをえらんできたよ。

新品価格
¥1,155から
(2010/9/30 21:46時点)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。