スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着替え

夕べ、久しぶりにあのの着替えに、ゆっくり付き合いました。

パンツの前後を間違えずに足を入れお尻まで引き上げ、かかとが上になってしまった靴下も、ぐるっと回してきちんと履けました。シャツの小さいボタンも上から順番に留めて、スカートもはいて完了。

つい最近まで↑全部、完璧ではなかったのに、今日見たら、しっかりやっていました。成長したねぇ。服が一人で着られたことも嬉しかったけど、失敗しても癇癪を起こさずに再トライしているのを見て感動しました。

・・・でもここまで長かったよ。あののとなりでパンツ型おむつをひとりで(だいたい)はいている、ちゃ(次女・1歳8ヶ月)を見て、またまた健常児の成長のスピードにびっくりさせられつつ、そう思いました。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

手を食べる癖

一昨日、学校からの連絡ノートに「(あのの)口に指を入れる癖に取り組んでいます」とありました。親指以外の指全部(しかも両手)をしょっちゅう口に入れてた数年前に比べれば、小指だけになった今はずいぶん成長した(笑)と言えますが、それでも未だに何かをぼーっと、またはじっと見ているときに、両手の小指を口角に入れています。

家でも気が付くと「あの、手!」と言っていますが、なっかなか治りません。学校でどういう風に取り組んでいるのか分かりませんが、この癖がすんなり消えたらABAあっぱれです。昨日の学校帰りのバスの中で、手を口に入れそうになって、はっと私の顔を見て止めたので、何か思うところ(?)があったようですが・・・。2週間後の先生との懇談のときに具体的にどんな風にしているのか聞いてみます。

でも私としては、あのの舌をべろべろ入れたり出したりする癖の方が気になるので、連絡ノートに「ついでにその癖にも取り組んでくれたら嬉しい」みたいなことを書いたら、「ひとつひとつ取り組んでいくので一度にはできない」旨、諭されてしまいました。まー、そーだよね。すいません


昨日は課外授業でダンスのクラスがあり、小さいときから踊りが大好きなあのは、とても楽しんだようです。今日もダンスがあるのか聞いてきたくらい。放課後なので眠くなるんじゃないかと心配しましたが、全然大丈夫だったようです。

今のところ学校で癇癪を起こしておらず、ダンスやコンピューター、お弁当その他色々なことを(彼女なりに)話してくれる様子から、学校を楽しんでいることが分かります。まあ、サシで大人が真剣に相手してくれるんだもんね

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村




ことばを育てる 

あるABA関連の本の中の、属性の認識のトレーニングについて読みながら考えました。

あのは色の名前はいくつか知っているのですが、それを実際の色に対応させることができません。赤を見て「黄色!」、黄色を見て「青!」・・・。ちなみに、何色に対して何色と言うかは毎回変わるので色盲ではないようです。一度なんて「赤緑!」と得意気に叫んだこともあり笑いました。何色ですか、それ

これは「色」という属しているものの名称(概念)は知らなくても、「赤」「黄色」「青」がグループだってことは分かってるということを示しているんですよね。

ちょっと考えれば当たり前のことなのですが、本を読んでひらめいた!っていう感じです。まずは、ひとつひとつの呼称を思いっきりしっかり頭に植え付けることをしないと、次に行けないんだっていうことを。

以前はスプーンとフォークを言い間違えたり、椅子とテーブルを言い間違えたり、大きい・小さい等の形容詞もごっちゃになっているときがありました。(今でもたま?に間違えます。)スプーンやフォークは色よりも、ずっとずっと具体的・具象的なので、まさかグループとしてその属性だけを捕らえてるとは考えていませんでした。でも、これも色と同じで、まずはスプーンは必ずスプーン、フォークは必ずフォークと言えるようになるところから始めるべきなんですね。

まあ、これ↑はなんとなくできるんじゃないかな、という気はします。でも難しそうなのは逆のケース。つまり、呼称はしっかり分かっているけど、属しているものの概念がない場合。例えば、馬・犬・猫・猿等、名前は間違わずに分かっていても、「動物」という概念でひとくくりにできるということが分かってないとか、お友達の名前と顔は一致して分かっていても、「男の子」「女の子」に区別できないとか。

・・・全然関係ないですが、昔、私のいとこの一人が小さかったとき、いつも着物を着ている祖母に向かって「おばあちゃんは、男?女?」と聞いたそうです

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村






学校デビュー

ということで今日は無事、学校に行くことができました

先週と先々週に本人に学校を見せて「慣らし」ておいたので、大丈夫そうだなとは予測していましたが、予測どおりすんなり教室に入っていくあの

私が担任の先生の説明(お弁当をどこに置くか、プールがある月曜日は体操服で来る等)を聞いている間、あのは静かに教室の様子を眺めていました。見学にきたときから、棚にある、たくさんのおもちゃで遊びたがっていたので、今日はそれを間近にみて嬉しそうでした。

先生の説明が終わっていよいよ「ママ、ばいばい」の時が来ましたが、「ちゅっちゅたい(ほっぺにちゅーしたい)」でちゅーしたあと、「たっち」でタッチをして、「じゃあね、ばいばい」っと、あっけない程簡単にさよならできました。嬉しかったよ

2時半にお迎えに行くと、先生と手をつないで元気に階段を下りてきました。1人の先生に2人の生徒のはずなのですが、今日は1対1だったようです。もう一人の子はお休みだったのか?ま、理由は何にせよラッキー

先生曰く。「出すおもちゃ出すおもちゃに全て興味を示しました。特にコンピューターは喜んでやっていました(家では触れないからね)。お友達にも興味があり、とても社交的で、教室移動のときなどは用意が遅れているお友達を大声で呼んで促したりしてくれました。」「ちょっと受動的なところがあるようです。ときどき腕で顔を隠してしまいます。」「お弁当は、ゆっくりですが残さず食べました。」「パニックになることもなく一日過ごせました。」等々。

「受動的」の意味が今ひとつ良く分からなかったのですが、ぶっちゃけて言うと「ぼーっと今やっている課題以外のものを眺めている」ということのようです。それは、まさにあの。散歩に行くと、あっちの犬、こっちのおじさん・・・と引っかかりまくりで全然進まないからね。知覚してる全ての情報の中から、今、集中するべきことに集中して、残りの情報のレベルを下げるってことができません。

まあ初日としては、とても良くできた感じです。まだ何のトレーニングも始まっていないの様子見期間なので、好きなことだけやらせてもらってたのかもしれませんが・・・。

月曜日は(大好きな)プールです。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村





今日から学校・・・のはずでした

今朝3:45に起きたあのは(ちなみに睡眠障害有りです・涙)、その後一人で部屋で遊んでいましたが、5:00頃私を起こしに来ました。曰く、耳になにかが入っちゃった(入れちゃった)と。

部屋に行ってみると、注射器のおもちゃを耳に押し込んで遊んでいたらしく(なんでよ・・・)その先についていたゴムの部分が耳の中に残ってしまったらしいという事が分かりました。ライトで照らしながらピンセットで取ろうとしましたが、あまりに奥にありすぎて断念。耳鼻科行きが決定しました。

なんなんだよ?。もう、初日から!制服もかばんもお弁当箱もなにもかもスタンバってたのに?。(本人は分かってるか不明だけど)カレンダーまで作って毎晩、日にちに×つけて学校初日まで数えてたのに?。「あんた、もう7歳でしょ!なんで、そんなことするのよ!」っと言っても仕方ないと分かりつつ、怒りが爆発してしまいました。朝からくたくたです

そのあと、「耳、やらない(=見せない)!痛い!痛い!ぎゃおー!」と一人で怒り狂ってました。しばらくすると、いつものパターンで「まま、ごめんなさい、まま、ごめんなさい、まま・・・」と壊れたレコードのように謝りまくり始めました。最近は自傷(手の甲を噛む)もなくなり、パニック等もかな?り良くなりましたが、近所の人は間違いなく私が虐待していると思ってるでしょう。

さて、今朝の課題です。耳鼻科で叫んで暴れることは目に見えているので、それをどう押さえつけて受診させるか、ということです。は?、誰か変わってくれ。

ということで、学校は明日から。・・・脱力・・・


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村

明後日から学校!

発達遅延のある長女あのが明後日から新しい学校に通います。アメリカで開発された自閉症児の為のABA(応用行動分析)というセオリーを実践している小学校です。

あのは典型的な(というものが、あるのか分かりませんが)自閉症児ではなく、ちらっちらっと自閉っぽい行動が見えたりする感じなのですが、校長先生とも色々話をしてこの小学校に入ってみることにしました。まあ、ABA自体が、始まりは自閉症児の療育の為だったということはありますが、今では健常児のしつけ・教育や、企業での社員の士気を高めるため、はたまた動物のしつけにまで使われているそうなので、あのが自閉かそうでないか、ということは大きな問題ではなく、ABAがあっているかどうかというのが焦点になります。

最初の2週間は、個別プログラムを組む為に彼女の行動・状態等をみるのが主になるそうです。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村


プロフィール

ゆ~こ

Author:ゆ~こ

おすすめ書籍

ママのおなかをえらんできたよ。

新品価格
¥1,155から
(2010/9/30 21:46時点)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。