スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷

学校から帰ってきたあの。シャツの襟とカーディガンの胸に血の跡。
耳、引っかいたんですね・・・

まあ血相変えて大騒ぎするほどではないのですが、結構、血痕が大きめだったので先生に電話をしてみました。

あのの担任の先生はちょっとナーバスな感じの先生で早口でまくしたてて、余り人の言うことをじっくり聞く感じではありません。悪い人ではないと思うのですが・・・。今日も何度も私の話をさえぎって同じことを繰り返し説明するので、「ちょっと聞いてもらえますか」と言わなくちゃなりませんでした・・・。

で、「今日のあのの様子を教えて下さい。」というと、

* 何度か指示を聞かずに「No!」と言って怒っていた
* 床に転がったりもした
* 先生達のシャツを引っ張って抵抗した
* 癇癪を起こしたときは、注意を向けないようにした
* そのあとは自分からもどってきて活動に参加した

ということを、べらべらべらべら?っと説明してくれました。で、耳を引っ掻いたことに触れると、「見なかったので、もしかしたらコンピューターをしていたときかもしれない」というような答えでした。

あのが耳を引っ掻くのは必ず爆発しているときなので、↑のようなことは有り得ません。その点を伝えたあと、「注意を向けない・無視をする」という意向は前回のミーティングで聞いているので分かったが、耳を引っ掻いているときは感染症等は避けたいので手を押さえて欲しいとお願いしました。感染症のくだりは角を立てないための(笑)言い訳です。耳の傷から感染するなら、とっくの昔に感染してるはずですから・・・。(自傷暦長いので)。

教室での状態が具体的には不明なのと(どれくらいの頻度であのが癇癪を起こしているのか、癇癪の程度はどのくらいなのか等)、先生にあののことを問題視してほしくないので、今日のところは一方的に強い文句(笑)は言わないように自分をコントロールしておきました。ま、クレーマーになるのは簡単だけれど、まだ学校に行き始めたばっかりだし、もう少し様子を見てみます。

今までの幼稚園・学校などでは、「ほっておかれる」ということがなかったので、あの本人も混乱しているのかもしれません。ABAトレーニングのような集中して何かに協力をするということも初体験だし・・・。ま、爆発→自傷ってのは今までもず?っとやってきたことなので、今の状態よりも悪くなって以前のようにならなければ、大騒ぎするにはあたらない・・・かも・・・。ちょっと自信なし。一応引っ掻き具合をバロメーターにしておきたいと思います。

以前は耳ではなく手の甲を噛んでいました。2歳くらいからかな。余り癇癪が収まらないので、ほっておいたらシーツが血の跡だらけになってたこともありました・・・。手の甲を全くかまなくなったのは、つい最近です。長かった?。耳はいつやめるんでしょうか・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆ~こ

Author:ゆ~こ

おすすめ書籍

ママのおなかをえらんできたよ。

新品価格
¥1,155から
(2010/9/30 21:46時点)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。