スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の定期面談

アップが遅くなりましたが、先週の月曜日に2度目の定期面談がありました。

今回は授業中に撮ったビデオを見ながら、あのの学校での様子聞きました。

「ロープを飛ぶ」という課題をしているところのビデオで、実は本当の課題は、

・順番を守る
・隣のお友達に順番を促す
・ロープが高すぎる場合は、言葉でそう伝えて低くしてもらう

等だということでした。 結構真面目にロープを飛んでいましたが、何度目かの順番で飽きてきたあのは、小爆発。それでもどうにか先生促されて無事終了しました。上の課題はきちんとできていました。

また社会性を高める練習のひとつ、「左に座っているお友達からシールを受け取って、右にいるお友達に渡す」というのは、両方のお友達を促しながら、とても良く出来ていました。

これには、もちろん好子が関与していて、右にいるお友達の台紙に8個のシールがきちんと揃うと、好子(ごほうび)が与えられるとこになっているにです。 好子は何種類かありますが、あののお気に入りは、

・YouTubeでAnnoying Orangeという数分の動画を見る
・コンピューターでケーキをつくる
・外でシャボン玉をする
・iPadで遊ぶ

です。コンピューター類は全てパスワードが必要で、クラスで唯ひとりパスワードを知っているE君を探してきて、パスワードを入力してもらう必要があります。これも社会性を養う練習の一環です。 E君を探してきているあのが映っていましたが、最近、写真やビデオに撮られるのを嫌う彼女は、自分が被写体になっていることに気付いて怒っていました。が、怒りながらもE君のことはしっかりつかまえて、引きずるようにしてコンピューターの前に拉致して行きましたが(笑)。E君ありがとう。

学校に通い始めた最初の頃は、作業に集中できる時間が4分だったそうです。それが今は15分くらいなら爆発もせずきちんと課題を続けることができるようになりました。もちろん、先生が横についてですが・・・。 また、あのの良いところ(?)は、やっていることに没頭し過ぎず、周りの状況も見ることができる所だとも言われました。自閉傾向がある子供の場合、あることに没頭すると周りが全く見えなくなってしまうことが多いので・・・と。

う?ん。まとめると、「集中しながら余り集中し過ぎない」ってことですよね(汗)。なんじゃそりゃって感じですが、健常だったら無意識に調節している機能なんよなあ、きっと。 まあ、あのの場合は、集中し過ぎるということは、まずないと思うので、周りの状況を見過ぎることをどう調節するか、という方に「集中」して良いと思います。

あとは、火曜日の課外活動のダンスのクラスのビデオを取って欲しい旨お願いしましいた。毎回とても楽しんでいるようなので。すると先生から

「見学したらどうですか?」

と意外なお答え。

でも、あのは私やパパが見ていたら絶対踊らないのはわかり切っているので(踊らないどころか、きっと怒りだすと思います)、そう伝えると

「それも練習になりますよ。」

・・・@@。普段と違う状況に弱いあのへの、恰好の練習状況になるという先生の言葉に目からウロコでした。いつも感情を負の方向に爆発させないように、ということを考えていてばかりいましたが、そういう状況には生きていれば必ずぶつかります。そういう状況にあったときの気持ちのの対処方法を学べれば、あのの人生、かなり楽になる訳です。(私の人生も・笑)。

で、対処方法の練習のため、爆発するような状況を意識的に作り出してしまおうという訳です。 ダンスのクラスだけでなく、普通の授業も時々のぞきに来ては?とも言って頂きました。もちろん最初は、きっと課題をやめてしまうだろうけど、必ず慣れると。

そうだろうな・・・。以前、学校や幼稚園・保育園に日中用事があって行った時、あのに見つかったりしたら、もう最後。まず、突然のママの出現に照れて耳に指をつっこむか、カエルのようにピョンピョン跳ね全ての活動停止。そして私が帰る時には私が帰るってことが彼女にとって想定外なので大爆発し、最後は手の甲を噛んで出血。

そんな感じで、学校の授業中に母親が現れるなんていう予期しない出来事は、コントロール出来ないほどの大きな感情の波を引き起こしてしまうのです。 でも、学校でそういう感情のコントロールの練習をさせてもらえたら良いじゃん!ということで、是非お願いすることにしました。 来週くらいにでもトライします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

はじめまして。

お返事遅くなってごめんなさい。あまりブログ更新・チェックしていなくて(汗)。

レイモンド先生という先生は学校の方にはいないのですが、「オフィス」とよばれている就学前の子供や、普通校に通っている子供が来ている APセンターの方にいるのかもしれません。

個人ではとてもABAをできるとは思えないので(なさけない親です・・・)、AP School の存在はありがたいです。ぶこさんのおっしゃる通り、まだ始めたばかりで右も左も分からない感じですが、批判されても批判されても残っているABAは、やっぱり良いところがたくさんあるはずだと思うので、そして、実際に試された色々な人から「良かった」と聞くので、続けてみようと思っています。

ブログ、お邪魔しました。いろいろ参考になりました。元気も出たし・・・。
またお邪魔させてもらいま~す。

それでは。
ゆ~こ♪

PS リンクさせてもらっても良いですか?

プロフィール

ゆ~こ

Author:ゆ~こ

おすすめ書籍

ママのおなかをえらんできたよ。

新品価格
¥1,155から
(2010/9/30 21:46時点)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。