FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の定期面談

またまた日が空いてしまいました。

先週木曜日に定期面談がありました。今回の面談は、あのが授業を受けているその教室の端っこで行なわれました。

私たちが注目しているのを知ったら、あの動作が停止してしまうのは分かり切っていたので、先生と常に向かい合っているふりをしながら彼女を盗み見していました。あのは意外にも私とパパをそれほど気にすることなく活動していました。 あのとJちゃんとE君3人が先生に向かい合って座っています。あの以外は字を読む事ができる子達です。発声、社交性はあのの方が進んでいます。

まず先生が「kicking」と書いたカードをあのに見せます。あのが読めないことは、もちろん先生も承知で、ただあのに「I don't know.」と言わせるのが目的です。 あのが「I don't know」と言ったあと、次に聞かれたJちゃんは「kicking」としっかり答えました。そのあと、すぐにもう一度あのの番です。今度は真似をして答えられました。

軽く(?)褒められた後、「じゃあ、これをキックしてる絵の下に貼って来て」と言われカードを渡されます。 ホワイトボードには8枚の絵や写真が貼ってあります。あのは正しい場所を見つけると先生の方をふりかえりました。「kicking」のカードを貼るにはテープが必要です。一瞬間があって、「help me!」と言えました。

こんな感じで授業は進んで行ったのですが、先生いわく「この(生徒の)組み合わせだと25分はこんな感じで続けられる」とのことでした。

興味深かったのは、知らない単語をくり返させられるのが嫌で小爆発をしたときのこと。爆発をやめないと好子(コンピューター、iPad、お気に入りのおもちゃなどの写真)を取られてしまうことになっているのですが、頑なに先生のいう事を拒んでいたあのは、制服の胸のぽけっとから好子を取られてしまいました。

その後、へそをまげて手で口を覆ってムッとしている間、先生はあのをわざと無視して授業を続けています。

家だったら、ここで私(かパパ)に喰らい付いてきて好子を取り返そうとするところです。そして親側も意地になって最後は修羅場になる、というにが落ちです。が・・・。

しばらくして静かに立ち上がったあのは、そっと先生に近づいて行って腕を取り反省してることを示しました。@@!そこですかさず先生はさっきと同じ質問して答えさせ、素直に答えたあのに好子の写真を渡しました。

まじかい?別人だよ!

パパと顔見合わせてしまいました。前回のお母さん達とのランチのときに他のお母さん達が「学校では(子供は)別人みたいに聞き分けが良い」と言っていましたが、まさにそれを目の当たりにしました。

面談は45分でしたが、その間あのが指を口に入れるところは見なかったと思います。先生にそのことを聞いてみましたが、最近はほとんど指を口に入れることはなくなったようです。 家ではテレビを見ているときに、けっこうまだ指を口に入れていることがありますが、9月の定期面談の時に説明をうけた

*応えられない質問を受ける等、緊張したとき
*嬉しいことがあってエキサイトしているとき
*ぼーっと何かを眺めているとき

のうち、最初の2つのケースはほぼ解消されたと言って良いと思います。ABAすごいかも。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆ~こ

Author:ゆ~こ

おすすめ書籍

ママのおなかをえらんできたよ。

新品価格
¥1,155から
(2010/9/30 21:46時点)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。