スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校主催のセミナーに参加しました

あっという間に5月中旬。
地震を期(?)に、突然いろんなことが起こりすぎて、知らないうちに春が終わってたかんじです。

アノのことも色々あって、書きたいことがたくさんなのですが、どれを書こうか・・・。

4月の半ばに3日間、ラッキーな経緯から、アノの学校が行ったDiscrete Trial Training (DTT)というセミナーに参加することになりました。セミナーのうち後ろ2日間は、実際の自閉症児または自閉傾向のある子供を「使って」の実践練習なのですが、その子供の一人にアノが選ばれたのです。全部で5人、アノの学校から子供が駆り出されましたが、子供を人質(笑)に差し出す代わりに親が無料でセミナーに参加できるという、win winの企画なのでした。日本円にして4万円弱のセミナーなので、かなり得した感じ。

DTTという名前にはなっていますが、ABAの初歩という感じの内容でした。要は、

instruction ---------- response ---------- feedback
        (prompt)

の、応用やケースバイケースの対応の練習、様々なプロンプトの出し方やタイミング等。

ただ、本などで読んで分かったつもりになっていた事も、実際に自分でやってみると目からウロコの部分がたくさんありました。

まず一番に忘れてしまうのが、feedback。

子供のリアクションがなかった時、または、responseが正しくなかった時にfeedbackを忘れてinstuctionにもどってしまうことが、ままありました。

「これは何?」(instruction)
「・・・(無言)・・・」(response)
「これは何かな?」(instruction)

ってな具合です。これは

「これは何?」(instruction)
「・・・(無言)・・・」(response)
「答えてないよ。」(feedback)

で、一息おいて再度、

「これは何かな?」(instruction)

が、DTT的には正解です。

個人的には、この一点(responseがなかったときに、feedbackを忘れない)を学んだだけでも、このセミナーの価値が大有りでした!!! セミナー後、あらゆる場面で応用していますが手応えはなかなかです。

さて、人質のアノさんですが・・・。一日目は私のグループではないグループだったので、借りてきた猫状態で、かなり真面目にやっていたそうです。

が。

2日目は幸か不幸か私のグループ。

私がセラピスト役としてアノの前に座った途端、あっという間の大爆発で、その日は一日全く練習になりませんでした・・・。

私たちのグループの担当インストラクターが、アノの学校の校長先生だったこと、そして、私のグループは子供を人質に出しているお母さんたちのグループだったということがあり、練習できないことも気にせず、私に同情までしてくれて・・・ううう。皆、ごめんね。結局、先生と、各家庭で困っていることなどの質疑応答になってしまいました。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村




コメントの投稿

Secre

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ゆ~こ

Author:ゆ~こ

おすすめ書籍

ママのおなかをえらんできたよ。

新品価格
¥1,155から
(2010/9/30 21:46時点)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。