FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの 生い立ち・その2

1歳半の時点でまだ歩く気配もなく、1歳のときとは別の小児科医の検診で「低緊張」と指摘され「歩くのが遅れているだけの問題ではないかもしれないので、しっかり検査をしたほうが良い」と言われます。もちろんショックを受けますが、今思えば、ここでやっとあのの発達障害(精神運動発達遅延)と向き合い始めることになったので、はっきり言ってもらって良かったと思います。

血液検査、染色体検査等では全く異常は見つかりませんでした。その頃はまだ「歩くこと」ばかりに集中していました。2歳になったとき、初めて発達小児科医に会い、具体的な療育に入っていきます。遅・・・。言葉がなんとなく出始めたのもこの頃です。「ばば(バナナ)」とかですが。

その頃から別の症状・特徴も出てきます。

*癇癪
*手の甲を噛む等の自傷
*緊張したときに人を噛んだり、髪をひっぱったり、引っ掻いたりする
*緊張したとき、気になる音を聞いたとき等、指を耳に突っ込む
*緊張したとき、怖かったときにぴょんぴょんジャンプする
*とても細かいところに気付く(視覚優位?)
*新しい状況が苦手
*呑気症(お腹が大きい)
*測わん症(背骨のゆがみ)
*受け口
*アデノイド肥大(後、除去手術。耳にチューブを入れる)

自閉症についても多少の情報は読んだりしていたのですが、どこにも大きく掲げられている3つの条件(?社会性発達の障害、?コミュニケーション障害、?特定なこだわり・動作の反復)からは微妙?にはずれているような感じで、何よりも、あのは人とのかかわりが大好きで人の目もしっかり見ていたので、診断名は自閉症では「ない」と勝手に断定していました。自閉症はスペクトラムなので典型的症状がなくても自閉傾向がある、ということを「ひらめいた!」のは、ずっとずっと後になってからです。ま、だからってあのが変わる訳ではないですが・・・。

幼稚園・保育園などの集団活動が発達を促す、という、ある小児科医の助言に従って色々な活動に参加させてみました。2歳児から入れてくれる幼稚園にも(週数回だけですが)通い始めました。引越しがあったので、年中さんまでに3つの幼稚園を経験しましたが、どの園でも先生・お友達に恵まれ本人は楽しそうでした。幼稚園の合間を縫って発達小児科に会い、療育も断続的に続けていましたが、海外生活のため、なかなか思うように指導が受けられませんでした。

年長さんになった4月に、ある保育方法を実践している保育園にあのを入れたくて、長期一時帰国をすることを決心します。
 
(続きます)

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆ~こ

Author:ゆ~こ

おすすめ書籍

ママのおなかをえらんできたよ。

新品価格
¥1,155から
(2010/9/30 21:46時点)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。